スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Googleブックマークへ追加


スポンサードリンク

SWEET SIXTEEN ケン・ローチ

16.gif

今回紹介する映画は「SWEET SIXTEEN」です。
監督は、「麦の穂をゆらす風」で第59回カンヌ国際映画祭のパルム・ドールを受賞したイギリス映画界の巨匠ケン・ローチです。
この「SWEET SIXTEEN」は第55回カンヌ国際映画祭で最優秀脚本賞を受賞し、パルムドールにノミネートされた作品です。

ケン・ローチの作品はハズレがない。
イギリス労働者階級や移民たちの日常生活をリアルに描いた作品が多い。

【ストーリー】
15歳のリアム(マーティン・コムストン)は、学校に行かずタバコを売って小銭を稼いで日々を過ごしていた。
リアムの母は、ヤク中の彼氏が犯した罪を被り、刑務所に入っている。
リアムの夢は、母と母を嫌い家を出た姉と姉の子供と4人で一緒に暮らす家を手に入れること。
しかし、そんな大金があるはずもなく、ピンボール(ウィリアム・ルアン)と共に、母の彼氏が隠しているドラッグを盗み、それを売りさばくがそれでも家を建てるには足らないので、裏の実力者ビッグ・ジェイに雇われてドラッグの売人になり、裏の世界に染まっていく・・・。

ドラッグと貧困が渦巻く環境で、大金を手に入れるためには犯罪に手を染めるしかない。
そんな悲しい現実を正面から描いた作品です。

リアムは、一見不良に見えますが根っからのワルではなく、とても純粋でやさしい。
彼が裕福な家庭に生まれていたらこんなことにはならなかったと思う。
運命は残酷だ。
ただ、家族と普通の暮らしがしたいだけなのに・・・。

ラスト海辺であまりにも悲しい16歳の誕生日を迎えるリアム。
姉の言葉にグッときました。

迫力のあるシーンはなく地味で暗い映画ですが、観てよかったと思える映画です。
ぜひ、観て下さい。

SWEET SIXTEEN [DVD]

【キャスト】
マーティン・コムストン
ウィリアム・ルアン
ゲイリー・マコーマック
ミッシェル・クルター
アンマリー・フルトン
ミッシェル・アバークロンビー このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Googleブックマークへ追加


スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール
このブログはリンクフリーです。

フィンチャー

Author:フィンチャー
FC2ブログへようこそ!

ランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon
Amazon
検索フォーム
リンク
お気に入りサイト
こんな映画見ました~

きゃらっと
映画グッズ通販サイト

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
スポンサードリンク
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。