スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Googleブックマークへ追加


スポンサードリンク

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

suuki.jpg
ipodのCMで映画の「ミッション・インポッシブル」のワンシーンを思わせるようなCM。
これを手掛けたのはデヴィッド・フィンチャーです。この監督の映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は第81回アカデミー賞で作品賞を含む13部門にノミネートされ、美術賞、視覚効果賞、メイクアップ賞を受賞しました。

ストーリーは、80歳の姿で生まれたベンジャミンはある施設の階段に置き去りにされていた。黒人女性はその赤ん坊を拾い、自身が働く老人施設でベンジャミンを育てる。ベンジャミンは成長するにつれ若返っていった。老人施設で少女デイジーと出会い、ふたりは親密になっていくがベンジャミンは段々若返り、デイジーは段々老いていく。ふたりは共に同じような人生を送れることはない。ベンジャミンは「生きること」とは何かを深く考えていく。
ラスト近くのシーンで赤ちゃんになったベンジャミンとお婆さんになったデイジーが手を繋いで街路樹を歩くシーンはとても綺麗で良かったです。
この映画を観て最初はベンジャミンの人生は可哀想だと思っていました。(生まれてすぐお爺さんなんて)でもベンジャミンはこの人生を受け入れ様々な経験をしていくのを観ている内にこんな生き方もいいなぁと思うようになりました。
人生は素晴らしい。

デイジーの子供時代を演じているのは天才子役で有名なダコタ・ファニングの妹エル・ファニングです。
ベンジャミンがお爺さんの時のシーンは体は子供が演じて、CGで老けさせたブラッド・ピットの顔を合成させているそうです。アカデミー賞を取ったメイク技術をご覧ください。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版(2枚組) [DVD]
   このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Googleブックマークへ追加


スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール
このブログはリンクフリーです。

フィンチャー

Author:フィンチャー
FC2ブログへようこそ!

ランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon
Amazon
検索フォーム
リンク
お気に入りサイト
こんな映画見ました~

きゃらっと
映画グッズ通販サイト

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
スポンサードリンク
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。