スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Googleブックマークへ追加


スポンサードリンク

セブン ブラッド・ピット モーガン・フリーマン

seven.jpg

今回紹介する映画は、「セブン」です。
主演はブラッド・ピットで監督はデヴィッド・フィンチャーです。
ブラッド・ピットはこの監督の作品「ファイトクラブ」、最近では「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」にも出演しています。

脚本はアンドリュー・ケヴィン・ウォーカーです。
この作品は彼がN.Y.のタワーレコードの店長として働いているときに書き上げた作品だそうです。

アメリカでは4週連続で興行成績1位に輝いた大ヒット作品です。

ストーリーは、ロサンゼルスのベテラン刑事サマセット(モーガン・フリーマン)は、残り7日で退職することになっていた。
その後任として新人の刑事ミルズ(ブラッド・ピット)がやって来る。
そんな時、七つの大罪に基づく無差別な猟奇連続殺人事件が発生する。
サマセットは残り7日で解決できる事件ではないとして関わりあうことを望まなかった。
ミルズは自分だけでは解決できる事件ではないと感じ、サマセットに助けを求め、二人で犯人を追うのだが・・・。
最後は衝撃的な結末です!!

サマセットが図書館で事件のナゾを解くための本を探してる場面がめっちゃ好きです。
バックで流れているバッハの名曲『G線上のアリア』がとても合っています。

オープニングクレジットで犯人が日記を黙々と作っているシーンで犯人の不気味さがすごく伝わります。
銀残しという現像の手法を使い、コントラストの強い深みのある映像に仕上がっている。

本編の途中でブラッド・ピットは左腕を怪我しているが、あれは実際に腕を骨折している。
スタントシーンを自分でやり骨折したそうです。

十四年ぐらい前の映画ですが全然古く感じません。
絶対に一度は観て欲しい作品です。
 
セブン プラチナム・エディション【初回限定生産】 [DVD]

特典DISC内容
・マルチアングルで見るオープニング・タイトル
・未使用シーン・削除されたシーン
・別バージョンのエンディング
・プロダクション・デザイン アーサー・マックス解説によるプロダクション・デザインについての映像
・スチール・コレクション
・ジャン・ドゥのノートブック
・プロモーション映像
・ホームシアター向けマスタリング作業
・フィルモグラフィ(静止画)

キャスト
モーガン・フリーマン
ブラッド・ピット
グウィネス・パルトロー
ケヴィン・スペイシー
ダニエル・ザカパ
リチャード・ラウンドトゥリー

ブラッド・ピットが出演する最新作はタランティーノ監督の「イングロリアス・バスターズ」です。
こちらも楽しみです。 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Googleブックマークへ追加


スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール
このブログはリンクフリーです。

フィンチャー

Author:フィンチャー
FC2ブログへようこそ!

ランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon
Amazon
検索フォーム
リンク
お気に入りサイト
こんな映画見ました~

きゃらっと
映画グッズ通販サイト

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
スポンサードリンク
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。