スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Googleブックマークへ追加


スポンサードリンク

サンキュー・スモーキング  ジェイソン・ライトマン JUNO/ジュノ

snoking.jpg

オレの話術で世界をダマす!
その男、現代の禁煙ブームに戦いを挑む。

クリストファー・バックリーの小説「ニコチン・ウォーズ」を映画化。
監督は、去年日本でも大ヒットした映画「JUNO/ジュノ」の監督ジェイソン・ライトマンです。
ジェイソン・ライトマンは「ゴーストバスターズ」などで知られるアイバン・ライトマン監督の息子です。

主人公は、映画「ダークナイト」のトゥーフェイスを演じた、アーロン・エッカートです。

ストーリーは、タバコの研究所の広報を務めるニック(アーロン・エッカート)は、喫煙者たちの権利を守るため、またタバコに健康悪化との因果関係がないことを世間に信じさせるために巧みな話術で人々を丸め込み、「情報操作の王」とさえ呼ばれていた。

タバコを悪く言う人たちを片っ端から巧みな話術でねじ伏せていくシーンはすごいです。
タバコは現代社会では絶対的な悪です。
そんな中で主人公は「身体に悪いのはチョコやチーズだって同じだ」と論戦でねじ伏せていきます。
ディベートの勉強になるシーンがいくつも出てきます。

ブラックコメディの要素がたくさんあり、会社の会議でのシーンで「未成年者にいかにしてタバコを吸わせるか?」と真剣に考えたり、「我が社の一番のお得意様は未成年者だ!」とキッパリと言い切るシーンは思わず笑ってしまいます。

タバコの映画なのに出演者たちがタバコを吸うシーンが一切ありません。
とても面白い演出です。

ラスト公聴会での論戦は痛快です。
議員に「息子がタバコを吸いたいと言ったらあなたはどうする?」と迫られます。
はたして、ニックは何と答えるのか?

タバコを吸う人も吸わない人も楽しめる映画です。
ぜひ、観てほしい作品です。

サンキュー・スモーキング (特別編) [DVD]

ニコチンパッチを一度にたくさん体に貼ると死にかけるらしいです。

ジェイソン・ライトマンの最新作はジョージ・クルーニー主演の「アップ・イン・ジ・エアー」です。
どんな映画なのか楽しみです。   このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Googleブックマークへ追加


スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール
このブログはリンクフリーです。

フィンチャー

Author:フィンチャー
FC2ブログへようこそ!

ランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon
Amazon
検索フォーム
リンク
お気に入りサイト
こんな映画見ました~

きゃらっと
映画グッズ通販サイト

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
スポンサードリンク
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。